ハワイの価値を考えよう

ハワイ対応携帯電話やWiFiルータのレンタルを行っているので

ツアーによっては、アーリーチェックインといって、追加料金(通常は1泊分)を払って、朝からチェックイン出来るコースもあります。同様に帰国日も出発時間にばらつきがあります、ホノルル9時発の航空便ですとホテルチェックアウトは6時過ぎですし、17時過ぎホノルル発ですと、チェックアウト時間を超えてしまうので(通常は12時位まで)その前に荷物をまとめる必要もあるでしょう。いずれにしても、事前のプラニング次第でスムーズに手続きをする事も出来るので、その場で迷わないようにスケジュールを決めておくのがよいでしょう。代表的なホテルの案内をしたいと思います。<トランプインターナショナル>言わずと知れたドナルド?トランプさんのホテルチェーンです。

お気に入りのイタリアのお土産

ワイキキ?バニアンを滞在

ハワイのコンドミニアムです!フロアに8部屋しかない
ワイキキでは最高峰のホテルと言って良いでしょう。新築のビルが少ないワイキキの中で、ひと際目立っています。部屋のタイプにもよりますが、コンドミニアムタイプの部屋が多く、キッチンや洗濯機もついている場合が殆どです。ワイキキのビーチ沿いではありませんが、上層階なら海も綺麗に見れます。フロントは6階ですので、エレベーターを乗り継いで客室まで行きます。

 

ハワイで宿泊をする

ハワイは多民族都市にも関わらず人種差別や対立もあまりなく いますぐではないにせよ、今後のカカアコの動きにはハワイの不動産投資のポイントが垣間見えるような気がしています。カイムキ、カパフル地区カイムキ、カパフルを一言で言うと、とてもハワイらしい地域と言ったところ。ワイキキから歩いて行ける距離でありながら、昔ながらの店舗や住宅が建ち並び「ロコの生活って、ワイキキ東端を南北に走るカパフル通りとその先を東西に走るワイアラエ通りには昔からのローカルなお店と新しいお店が混在しており、ローカルと観光客が交錯する場た場所と言えるでしょう。こんな感じなんだ」す。と発見できる雰囲気があります。としても機能していま旅行者気分とローカル気分を両取りできるという意味でも長期生活に適しこのカパフルとワイアラエの通りに囲まれた地域がカイムキ。カイムキ地区を南西から北東に弧を描きながらカハラまで通じているキラウエア通りを登っていくと、イカイのココヘッドが見えてきます。

ホノルル?マラソンが目的で
とてもハワイらしい景色を堪能できるのがカイムキの魅力です。右手にあったワイキキの海の景色がダイヤモンドヘッドの姿に代わり、続いて正面にカハラの海、ハワカパフルとワイアラエのロコ商店街に近い上に、観光地ワイキキにも近く、さらにH1フリーウェイに乗ればダウンタウンへも短時間で移動することができます。生活拠点として落ち着いているのに、あらゆる都市機能へのアクセスが簡単という素晴らしい立地。またカイムキは学区として小中高いずれも優れており、特にカイムキ?ミドルスクール(中学校)、カラニ?ハイスクール(高校)は10点満点中7~9点が付いているほど優秀な評価が何年も継続しています。このように利便性にも生活にも優れ、ハワイっぽさも兼ね備えた地域なので定住率が高いのか、不動産物件はあまり流通しておらず、価格も非常に高いのが特徴です。

コメント投稿は締め切りました。