Hawaiiで生活するための有益な情報はいろいろなところに無料で転がっています

アメリカにしか売っていないグッズも多いです

朝食後の集合で、戻りは15時位でしょうか。ノースショアではハレイワのオールドタウンでフリータイム&昼食、その後ウミガメの観察も含まれると思います。ウミガメは通常午後にならないとビーチに上がって来ないので、見れない場合もあるので注意仕手ください。行きにドール·プランテーションセンターにも寄ると思いますが、ここのパイナップルアイスは是非食べてみて下さい。ツアー料金は60$から80$位だと思います。結婚の転換点でも専用の停留を使っていてアラモアナのダイエーに寄って調味料

オアフに来た人

<カイルア観光>ワイキキから車で40分のカイルアタウンです。個人的にはカイルアビーチがオアフでは1番のビーチですね。海の色といい、波のカンジといい、まさにハワイといえるでしょう。カイルアのツアーは、シャトルサービスで現地はまた歩いて観光の場合も多いですが、カイルアの町とビーチは距離がありますので、その辺も吟味した方がいいですね。レンタサイクルを行っている場所もありますので。


Hawaiiならではのシロアリ対策など
Hawaiiならではのシロアリ対策など

Hawaii誌も

Hawaiiでは関係なく荷物が多いとか何とか理由を付けて断った方が無難です。入国管理官と税務管理官はウソを見抜く訓練を受けていますのでシロウトは見透かされますし、証言は記録に残ります。私はホノルル税関で20分ほど調べられたことがありますが、その時に税務管理官はパソコンに向かって時間をかけて。を打ち込んでいました。にかく正直に誠実に応対し、絶対にウソをついたりしないように注意しましょう。かなり厳しい質問や態度で迫られた場合にも「面倒くさいから、ごまかしておこう」などと考えずに根気強く明確に応対するようにしてください。ハワイ専用の電話番号を持っているというのはワクワクするものですしねとこれは私の感覚なのですが、いるようなのです。不動産投資をしてハワイに自分名義の家やアパートを持つと1ヶ月程度の滞在に対して入国審査官もあまり気にしなくなるようです。「日本に仕事を持っていて、ハワイのセカンドハウスに遊びにくる」という立場が信頼感をアップさせて。持ち物リピート滞在するようになると、毎回必要なモノはハワイに置いておきたくなります。Tシャツ、車がお気に入りであれば、次回のハワイまでどこかに預けておきたいと思うでしょう。

海外のホテルです

<レアレアトロリー>HISのお客さんが利用出来る無料トロリーです。6つのルートで50か所以上の停留所でオアフ島をカバーしていて、かなり遠い場所にもアクセス出来ます。ディナーラインといって、夕食の有名店を周る路線があるのも特殊です。車両は昔ながらのトロリーですが、観光ガイドが乗っていて、無料WIFIも搭載していて便利です。<ワイキキトロリー>旅行会社関係なく、お金を払って乗るトロリーです。


ワイキキにはドクターオンコールも入っています
ワイキキにはドクターオンコールも入っています

価格は200ドル中古自転車を探すのであれば

4つのラインで広いエリアをカバーしています。1日~1週間の乗り放題券を購入、又はピンクラインは1回2ドルで利用出来ますが、JCBカードを持っていれば、ピンクラインは無料で利用出来ます。ピンクラインはワイキキ~アラモアナ·ショッピングセンターを結ぶメインの路線ですので、JCBカードを持っていれば、ワイキキ~アラモアナ間は乗り放題という事になりますね。パッケージツアー利用でなければ、とても便利なトロリーバスです。ちょっと混んでいますが。<レインボートロリー>JALパックや阪急交通社のお客さんが利用出来るトロリーですJALを利用したお客さんでJALOALOCARDを申し込んだお客さんも利用出来ますが、比較的空いていますので、他のトロリーの様に乗れないとか立ち席になる事は殆どないと思います。アメリカの通販はとても魅力的です